本文へスキップ

咳と喘息 埼玉県所沢市 まつおか内科クリニック

電話でのお問い合わせはTEL 04-2945-7911

〒359-0024 埼玉県所沢市下安松1034-1

スギ花粉症舌下免疫療法

方針イメージ

スギ花粉症に毎年お悩みの方に朗報です。

舌下免疫療法薬シダトレンが、平成26年10月より処方可能となりました。
新しい効き方をするお薬ですので、これまでスギ花粉症に苦しんできた方にも効果が期待できます。
また、ほかの花粉・ダニなどへのアレルギー発症予防や、アレルギー物質に関係なく、喘息発症予防効果も期待できます。

下記をご覧になり受けてみたいと思われた方は、ご来院・ご相談いただければ幸いです。

スギ花粉症舌下免疫療法についての諸注意

当院では5月中旬〜12月上旬までに一度受診して頂き、診察と検査を行います。検査結果をみて適応があれば、スギ花粉症舌下免疫療法薬シダトレンを処方させていただきます。
薬の増量期を含めた最初の1カ月と花粉飛散期は副作用が現れやすいため、12月中旬〜翌年5月の間は処方が開始できません。
その他次のような注意点(全国共通)がありますので、ご確認の上ご来院ください。

  1. 最低2年できれば3年以上、毎日服薬を続ける必要があります。 最初の1カ月は月2・3回、その後は月2回受診する必要があります。 処方は12歳以上の方に限ります。
  2. 服薬が毎日1回必要で、服薬後2分間は口に含んだまま安静にする必要があります。また服薬後最低5分間は飲食ができません。 服薬後(できれば服薬前も)2時間は入浴、運動、飲酒ができません。
  3. シダトレンを2年間使用しても、残念ながら全く効かない方が1割程度いらっしゃいます。 そうした方を含め、花粉飛散期間はシダトレン服薬中でも、既存の薬の併用をお勧めして参ります。 ステロイドの飲み薬・注射は併用できませんが、ステロイドの点鼻や外用・吸入は併用可能です。
  4. 皮下免疫療法に比べれば命にかかわる副作用は全然少ないものの、副作用の件数自体はむしろ多いのがシダトレ ン(舌下免疫療法全般)の特徴です。 ルールを守って服薬しないと副作用が出やすくなります。 副作用は多くが口の中で起こります。
  5. 以下の方には危険があり処方できません。 妊娠中の方、自己免疫疾患のある方、喘息があり症状の強い方、口の中に傷や炎症などのある方(歯科治療中の方)、β阻害薬服薬中の方、ステロイド薬を飲んでいる方(吸入や点鼻や外用は除く)、抗ガン剤使用中あるいは使用後間もない方、急性感染症(風邪など)に罹患している方、重症の口腔ア レルギー症候群のある方。
  6. 3割負担の保険診療の方で、最初の1年の診療費の自己負担は検査費用を含め年間2万円程度となります。この中にお薬の費用は含みません。

参考文献
・アレルギー性鼻炎に対する舌下免疫療法の実際と対応 日本鼻科学会会誌別冊
・花粉症は治せる!舌下免疫療法がわかる本 大久保公裕著/日本経済新聞社

Home>スギ花粉症舌下免疫療法

Matsuokanaika Clinicまつおか内科クリニック

〒359-0024
埼玉県所沢市下安松1034-1
TEL 04-2945-7911